カキは加熱処理が一番安全です

広島と言えば「カキ」と私は叫びたくなるほど大好きな食材です。

ですが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎を心配する人は多いのではないでしょうか。

実際、私の母も胃腸炎をおこし、その後は一切受け付けなくなりました。

こういった事例もあり、カキの生産量日本一の広島では十分に注意を払い流通させています。

冷凍する方法や紫外線を当てる方法、殺菌処理を行う方法などがあるようですが、一番安全で美味しい食べ方は100度で十分に加熱処理をすることだと漁業関係者は言います。

カキの食中毒予防に有効な方法はまだ見つかっておらず、試行錯誤の途中です。

ぜひとも、より安全なカキになるよう頑張って欲しいものです。

カキに纏わるアルバイトは様々にあります。

漁業関連ではカキの加工や包装、いかだつくり、シーズン中にはカキ小屋で、街中では店舗で店員としの求人があります。

短期での求人を探しているならばシーズンのあるカキ小屋が良いかもしれませんね。

カキという食材でアルバイトができ、産業が生まれるなんて、さすがと言うべきでしょうか。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。